恋ノートのメモ


このミニアルバムは、12才から17才までに学校生活ど真ん中の時期に作られた歌詞とメロディーがもとになっている。
メジャーデビューを夢見て必死に作っていったもので、その音楽にかける思いがしっかりつまっている作品でもある。
なにかテーマを決められて作られたものではなく、学校生活の時間の流れるまま、感じるままに、その時々の気持ちをぶつけたものである。だからこそ、この曲たちにはすごい価値があると思う。何年たっても変わることのないそのとき、その瞬間にうまれたのものだからだ。
2曲は教室での出来事。
1曲は校庭での出来事。
2曲は校舎外の出来事。
1曲は特定する場所はなく、好きな人への素直に言葉に出せなくなった、少し大人になった時の素直な気持ち。
そんなことが描かれている。
いつか本人に聞いてみよう。

                 ペン吉
                                                               





1コメント

  • 1000 / 1000

  • youthkee

    2015.12.12 01:46

    恋ノート1「こたえあわせ」 結構難しかったのですが、 2曲は教室での出来事。→となりあわせ/ずっとずっとすきだよ(恋の始まりのシーンは教室での出来事) 1曲は校庭での出来事。→空に向かう花 2曲は校舎外の出来事。→また、あした/小さな芽 1曲は特定する場所はなく…→瞳をみつめるだけで という感じですかね・・^_^;?